急なお金

Liar

急にお金が必要になったときの選択肢!

最低限の暮らしのレベルを保つのがギリギリの給与、貯蓄もなしのサラリーマンにとって、最も厄介なのが、お金が急に入り用になることです。例えば、病気だったり、キッチンやトイレの修繕だったり、思わぬ事態が発生するケースは意外と多いものです。ある程度の時間的猶予があれば、マイカーの売却とか、親や親戚、知人や友人から借りるという方法がベストです。しかし、時間が無いとなれば、そう簡単に掻き集めることは困難です。残された選択肢は、消費者金融のキャッシングです。 消費者金融を利用するとなると、初めての場合、どの業者にするのか迷ってしまいます。判断材料として挙げられるのが、大手で、知名度もあり、しかも自分で聞き覚えのある業者が安心だと言えます。テレビコマーシャルを流しているとか、新聞や雑誌でよく見かけるから、と言う基準も正解です。大手マスコミは、広告を扱う際に視聴者や読者(=消費者)に不利益をもたらす企業には門戸を閉ざし、そのための厳密な審査をしているからです。 消去法で検討していくと、プロミスは間違いなく最後まで残る業者です。2012年から三井住友フィナンシャルグループの完全子会社になっていることも、安心感を増しています。 キャッシングの申し込みをプロミスに決めたとして、少しでも不安や疑問があれば、相談・質問専用のフリーダイヤルが便利です。スタッフの対応が親切なことで定評があることから、不安や疑問が明確に解消できます。また、「速い、便利なプロミス」のキャッチフレーズ通り、Web契約なら迅速な審査により即日融資も可能で、返済も含めて来店しなくても利用できるのは、特に急ぎの場合には便利なサービスです。さらに、店舗に出向く時間を短縮できるとともに、知人などに入店を見られるケースを避けられこともできる利用者にとっては有り難いシステムです。最近では、簡単な申し込みで30日間無利息サービスを実施していて好評です。